武勇伝とは

武勇伝とは人間一生に生きているうちにカッコ良いとされているエピソードがありますよね。

そのカッコいいエピソードの事を武勇伝と言います。
今回はバブル全盛期に関する武勇伝を女性目線で紹介しましょう。

バブル全盛期はどこの会社も弾けていました。
つまり経営が良かったのです。
なので当時の女性は会社出勤をするにしても彼氏から貰った500万円で豪華なコーディネートをして手にはダイヤやエメラルドがちりばめられている指輪をはめて会社に出勤していました。

そして昼休みになると同僚を誘ってランチに行くのが普通になっています。

ですが当時はタクシーをヒッチハイク形式で読んで高級デパートなどで服や化粧品などを買い漁っていたのです。
何ともカッコいいタクシーの使い方ですよね。

次に髪型ですが当時は鶏をモチーフにしたトサカヘアーが大流行していたかと思います。
ですから世の女性は殆どがトサカヘアーでイキっていたかもしれません。

更に高級な外車を何台も購入していて毎日と言って良いほどリムジンで友達とパーティ三昧になっていたかと思います。
またかなりの裕福な家庭の育ちで外食もキャビアやフォアグラを食べ漁っていたのです。

誰にも大盤振る舞いでタクシーの運転手にも乗車させてくれたお礼として10万円ほどを払っていたのです。
病気に罹った時も高額な治療代を医者に払って自分を最優先にさせていたことでしょう。

また遊園地に行く時も今は並ばなければ乗ることが出来ない乗り物も並ばないで乗ることが出来たのです。
ホテルも一番豪華で絶景が見える所を予約したり施設を貸切にして盛大に遊んだりお土産を購入する時も大勢の人の分まで購入していたのです。
まさに豪遊状態だったかと思います。

お金を使ったあとは「また貯まるわ」と言ってあまり気にしていませんでした。

このように先に述べた事柄からも分かる通りお金の使い方が非常に派手で結構な粋があって怖いものなしでしたのでとてもカッコいいと思います。
まさに当時の女性武勇伝です。